<acronym id="waks0"><small id="waks0"></small></acronym>
<acronym id="waks0"></acronym>
<rt id="waks0"></rt>
<acronym id="waks0"><small id="waks0"></small></acronym>
?
TAG[

日本文化

]
共计篇文章
日语文学作品赏析《ツルゲーネフの生きかた》:数年前、私がソヴェトから帰って間もない頃のことであった?;颏肴蘸文辘饣幛铯胜盲颗斡堰_が訪ねて来ていろいろ現在のソヴェトでの女の暮しぶりについて話の末、その友達は不図思い入ったように、だけれ...
日语文学作品赏析《釣り師の心境》:私は妙に魚釣りに縁のあるあたりに住んできたが、小田原で三日間ぐらい鮎釣りをした以外は魚を釣ったことがない。先日もお医者さんから、早朝の魚釣りなどは健康によろしいから、とすゝめられたが、なるほど...
日语文学作品赏析《強い影響を与えた点で》:今年は、九月の太陽に「我に叛く」を発表したぎりでございました。従って、此処に改めて述ぶべきほどの感想も持合わせません。只あの作は、自分並私人的周囲に強い影響を与えたと云う点で、忘られないものに...
日语文学作品赏析《梅雨晴》:森先生の渋江抽斎(しぶえちゅうさい)の伝を読んで、抽斎の一子優善(やすよし)なるものがその友と相謀(あいはか)って父の蔵書を持ち出し、酒色の資となす記事に及んだ時、わたしは自らわが過去を顧みて...
日语文学作品赏析《露の答》:ぬばたまのなにかと人の問ひしとき露とこたへて消なましものを その一 加茂五郎兵衛の加茂は古い姓です。加茂の地名や賀茂神社など諸国に見られ、之は上古に於ける加茂族の分布を示すもので、神代の頃加茂...
日语文学作品赏析《坪内先生について》:坪内先生に、はじめて牛込余丁町のお宅でおめにかかったのは、もう十数年以前、私が十八歳の晩春であったと思う。両親が私の書いたものを坪内先生に見ていただくようにきめて、母が私を連れ余丁町のお家を訪...
日语文学作品赏析《辻馬車》:この対話に出づる人物は 貴夫人 男の二人なり。作者が女とも女子とも云わずして、貴夫人と云うは、その人の性を指すと同時に、齢(よわい)をも指せるなり。この貴夫人と云う詞(ことば)は、女の...
日语文学作品赏析《月夜のあとさき》:「戸隠では、蕈(きのこ)と岩魚に手打蕎麦」私がこのように手帖に書きつけたのは、善光寺の町で知人からきかされたのによる。 岩魚は戸隠山中でもそう容易には口に這入らない。岩魚釣を専門にしている、さる...
日语文学作品赏析《月夜峠》:これも同じく遠野(とおの)で聞いた談(はなし)だ。その近傍(きんぼう)の或(ある)海岸の村に住んでいる二人の漁夫(ぎょふ)が、或(ある)月夜に、近くの峠を越して、深い林の中を、二人談(はな)し...
日语文学作品赏析《月の詩情》:昔は多くの詩人たちが、月を題材にして詩を作つた。支那では李白や白楽天やが、特に月の詩人として有名だが、日本では西行や芭蕉を初め、もつと多くの詩人等が月を歌つた。西洋でも、Moonlight の月光を歌つ...
日语文学作品赏析《月の子たち》:男の子は公園の木々が途切れた場所に立っていました。その先にはなめらかな芝生が、坂のふもとの大きなお屋敷まで、すべり込むように緩やかに広がっていました。 男の子が着ているのは、ニッカーボッカー*1と...
日语文学作品赏析《追憶の冬夜》:子供の時分の冬の夜の記憶の中に浮上がって来る数々の物象の中に「行燈(あんどん)」がある。自分の思い出し得られる限りその当時の夜の主なる照明具は石油ランプであった。時たま特別の来客を饗応でもする...
日语文学作品赏析《「追憶」による追憶》:八月号で芥川竜之介氏の「追憶」といふ文章を読み、誰でも同じやうな追憶をもつてゐるものだといふことを知り、転た感慨を催した次第であるが、昨日、K社の山本氏に会ひ、たまたま芥川氏の近況を知ることを...
日语文学作品赏析《追憶》:二日も降り続いて居た雨が漸(ようよ)う止んで、時候の暑さが又ソロソロと這い出して来た様な日である。 まだ乾き切らない湿気と鈍い日差しが皆の心も体も懶(だ)るくさせて、天気に感じ易い私は非常に不調...
日语文学作品赏析《すり替え怪画 烏啼天駆シリーズ?5》:ルパン式盗難 その朝、志々戸伯爵(ししどはくしゃく)は、自分の書斎に足を踏み入れるや、たちまち大驚愕(だいきょうがく)に襲われた。 それは書斎の壁にかけてあったセザンヌ筆の「カルタを取る人」の...
日语文学作品赏析《炭燒のむすめ》:低い樅(もみ)の木に藤の花が垂れてる所から小徑を降りる。炭燒小屋がすぐ眞下に見える。狹い谷底一杯になつて見える。あたりは朗かである。トーントーンといふ音が遙に谷から響き渡つて聞える。谷底...
日语文学作品赏析《巣離れの鮒》: 寒い冷たいとはいうが、もう春だ。そろそろと水が温(ぬる)んでくる。川や沼の面に生色ある光がただよって、いつの間にか堤防の陽(ひ)だまりに霜ぶくれの土を破って芝芽が小さな丸い頭を突き出すと魚も永...
日语文学作品赏析《ステッキ》:初めは四本足、次に二本足、最後に三本足で歩くものは何かというなぞの発明された時代には、今のように若い者がステッキなどついて歩く習慣はなかったものと思われる。杖(つえ)がつきものになっている魔法...
日语文学作品赏析《捨吉》:星はない風もたえた人ごえも消えたこの驛を出た列車がすでに山の向うで溜息を吐く白いフォームに[?!弗榨┅`ムに」は底本では「フオームに」]おれとおれの影と驛長と驛長の影とそれだけがあつた見はるかす高...
日语文学作品赏析《数寄屋橋夜景》:僕の描いたこの絵は果して非常に「東京」の感じがするのかどうか、ぼくにはわからない。ぼくには「東京の」といふよりもこの暗い夜景は「銀座近くの」感じがせずに山谷堀でも描いてゐるやうな心持だつたのが...
?
媒体报道
?
北京福彩两步彩客户端下载_黑龙江11选5怎么玩-云南11选5怎么玩 华为发放20亿奖金| 李菁菁宣布退圈| 孙杨听证会后发文| 男童掉进井坑死亡| 中国转战泰国买房| 华为发放20亿奖金| 寒潮蓝色预警| 小丑票房破10亿| 芬兰发现稀有冰蛋| 蔡徐坤素颜|