<acronym id="waks0"><small id="waks0"></small></acronym>
<acronym id="waks0"></acronym>
<rt id="waks0"></rt>
<acronym id="waks0"><small id="waks0"></small></acronym>
?
TAG[

日本文化

]
共计篇文章
日语学习:BBS日语词汇:论坛: サイト ,主题: テーマ,人气: 人気,论坛版主:サイト管理人,注册用户: メンバー登録?。ē恁哎螅?,主题分类:テーマ別,等等的网络词汇。
日语学习:注文状/定购单:拝啓 時下ますますご盛業のこととお喜び申し上げます。毎々格別のご配慮をいただき、厚くお礼申し上げます。  さて、貴社製造の標記商品を下記のとおりご注文申し上げます。
日语学习:公司用口语:1.私は事前にちゃんと報告しました、好いって言われてやったのに。2.税関ライセンスの締め切りは来週の火曜日です。その日までに提出してください。3.注文書の数量を訂正したいと思います。
2011-12-01 08:35:35
日语学习:交换名片:ある会社のパーティに出席して大勢の方と名刺交換をしているうちに、 自分の手持ちの名刺がなくなってしまいました。 さて、そんなとき、正しい行動は以下のうちどれでしょうか。
日语学习:敬语词头的「ご」和「お」:在讨论这个问题之前先要搞清楚日语词汇的种类。日语的词汇基本可以分成四类:1 和語,2 漢語,3 外来語,4 混種語。搞清这个问题以后,再来看日语敬语中的「お」和「ご」的主要用法。
日语文学作品赏析《入営前後》:丁度九年になる。九年前の今晩のことだ。その時から、私はいくらか近眼だった。徴兵検査を受ける際、私は眼鏡をかけて行った。それが却って悪るかった。私は、徴兵医官に睨まれてしまった。
日语文学作品赏析《日本ライン》:舟は遡る。この高瀬舟の船尾には赤の枠に黒で彩雲閣と奔放に染め出したフラフが翻つてゐる。前に棹さすのが一人、後に櫓を榜(こ)ぐのが一人、客は私と案内役の名鉄のM君である。私は今日初めて明るい紫紺に金釦の上衣を引つかけてみた。
日语文学作品赏析《日本の秋色 世相寸評》: きのう、用事があって出かけ、バスの停留場に立っていたら、向う側の酒屋の横の「英語、タイプライチング教授」とペンキ塗の看板のわきに、もう一つ今まで見当らなかった広告が出ているのに心付いた。とりいそいでこしらえたらしい紙の広告で「オリンピックにそなえよ!」と上の方に横書きされ
日语文学作品赏析《日本書と日本紀と》:今後、機会のある毎に、釈(と)いて行つて見たいと思ふ、日本書紀と言ふ書物に絡んだ、いろんな疑念の中、第一にほぐしてかゝらねばならぬのは、名義とその用法とである。
日语文学作品赏析《日本人のたしなみ》:「たしなみ」といふといかにもありふれた言葉ですが、これが今の日本人に忘れられてゐるやうです。大きな弱点です。これは文学でも経済でも政治でもさうですし、殊に生活の上ではさうです。
日语文学作品赏析《日本上古の状態》:從來日本史の研究は、何れの時代を問はず、本國の側から觀察するが常であつた。たまに松下見林の異稱日本傳の如く、他國の側からこれを見たものもあるけれども、これは極く稀な例であつて、殊に徳川の中世以...
日语文学作品赏析《日本國見在書目録に就いて》:古典の研究で尤大切なものは、或時代に編纂された書籍目録である。學者が千歳の後に生れて、古書の佚存を知り、或程度まで學術の源委と、時代の學風とを窺ふことの出來るのは、目録に負ふ所が多い。殊に支那...
日语文学作品赏析《ニッポン三週間》:新聞包をかかえて歩いてる。 中は、衣紋竹二本?昭和糊?キリ?ローソク?マッチ?並にラッキョーの瓶づめ一本。――世帯の持ちはじめ屡々抱えて歩かれる種類の新聞包だ。朝で、帝大構内の歴史的大銀杏の並木...
日语文学作品赏析《日記》:ある夜 細長い土間のところへ入って右手を見ると、そこがもう座敷で、うしろの壁いっぱいに箪笥がはめこんである。一風変った古風な箪笥で、よく定斎屋がカッタ?カッタ環を鳴らして町を担いで歩いた、ああ...
日语文学作品赏析《日輪》:序章 乙女(おとめ)たちの一団は水甕(みずがめ)を頭に載(の)せて、小丘(こやま)の中腹にある泉の傍から、唄(うた)いながら合歓木(ねむ)の林の中に隠れて行った。後の泉を包んだ岩の上には、ま...
日语文学作品赏析《日琉語族論》:完全な比較研究が、姑(しばら)く望まれない。単に類似点を、日琉語族の間につきとめて行くと言ふ程度のものにとゞまるであらう。唯さう言ふ簡単な為事も、人文地理上の変革から、問題にせられなくなる時が来...
日语文学作品赏析《二銭銅貨》:一 独楽(こま)が流行(はや)っている時分だった。弟の藤二がどこからか健吉が使い古した古独楽を探し出して来て、左右の掌(てのひら)の間に三寸釘の頭をひしゃいで通した心棒を挾んでまわした。まだ...
日语文学作品赏析《日映の思い出》:私は戦争中、日本映画社の嘱託をしていた。一週間に一度出掛けて、試写室でその週のニュース映画と文化映画と外に面白そうなのを見せて貰って、専務と十五分ぐらい話をしてくればよろしいので、だから専務と...
日语文学作品赏析《二少女》:上 夏の初、月色街(ちまた)に満つる夜の十時ごろ、カラコロと鼻緒のゆるそうな吾妻下駄(あずまげた)の音高く、芝琴平社(しばこんぴらしゃ)の後のお濠ばたを十八ばかりの少女(むすめ)、赤坂(...
日语文学作品赏析《虹の橋》:(一) ある山国に、美しい湖がありました。 この湖には、昔から、いろいろな不思議なことがありました。青々と澄んだ水が急に濁つたり、風もないのに浪が立つたり、空が曇つて星のない晩でも、湖の中にはお...
?
媒体报道
?
北京福彩两步彩客户端下载_黑龙江11选5怎么玩-云南11选5怎么玩 微信| 20岁体操选手去世| 全市无新增鼠疫| papi酱怀孕| 创业失败30万补贴| 产妇丈夫讲述遭遇| 赵丽颖工作室发文| 13吨包裹烧成灰| 垃圾分类新标准| 豫章书院教官涉案|